RECRUIT

女性の働き方 Women's way of working

社員にも、その家族にも、幸せでいてほしいから。

結婚・出産・介護…さまざまなライフイベントによって、働き方に影響を受ける女性は少なくありません。「社員もその家族も幸せに」と考える宗像陸運では、すべての女性社員が、自分のキャリアを磨いて活躍し続けられる環境を整えています。産休・育休休暇や復職支援、フレキシブルな休暇取得制度などにより、ライフスタイルに応じた働き方が実現できます!

両立支援

  • 産前・産後休暇

    産前休暇は出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から、産後休暇は出産翌日から8週間取得できます。

  • 育児休暇

    産後休暇が終了した日の翌日から、子どもが1歳になるまでの休暇。保育園が確保できない等の状況に応じて、2歳まで延長できます。

  • 短時間勤務

    フルタイム勤務が難しい場合は、短時間勤務で復職することも可能です。子どもの急な発熱などにも対応しやすくなります。

  • 復職支援

    フルタイム勤務で復職を希望される場合は、休暇前と同じ部署・同じポジションでの復帰を前提としています。

  • 週休2日制

    宗像陸運は、業界では珍しい週休2日制度を導入しています。男女問わず家事や家庭の用事とも両立しやすい環境です。

  • 半休制度

    事前に申請すれば半日休暇も取得できます。子どもの学校行事などの用事に合わせて、フレキシブルな働き方が可能です。

WOMAN’S VOICE

事務職員 主任 後藤 恵Megumi Goto

以前と同じ部署で、主任として復帰。
今度は私が、後輩たちを支える番。

「日曜休みの会社がいい」と、軽い気持ちで入社して…気づけば15年目!

前職は福岡市内の施設の警備員。そこでは土日が必ず出勤だったので「日曜に休みたい…」と、実に軽い動機で宗像陸運に転職しました。事務はまったくの未経験で、電話応対もパソコン作業も初めて。最初は私にできるか不安だったのですが、まわりの人が本当に優しく根気強く教えてくれて、すぐに職場に馴染むことができました。
あっという間に10年が経ち、出産を機に休職しましたが、社内にはママさん社員も複数いるので、とても心強かったです。子どもが保育園に入ったら、私も必ず復職しようと決めていました。

短時間勤務を経てフルタイムに復職。ブランクを気にせず、主任に抜擢してくれた!

ここ数年は、育児と無理なく両立できるように短時間勤務をしていましたが、息子が5歳になったので私も4月からフルタイムに。生意気盛りですが、元気いっぱいで、急な発熱などもなくなったので、私も安心して働けます。
そして驚いたのは、フルタイムに復職した途端、主任に抜擢されるというサプライズ!上司に理由を聞いたところ「複数のメーカーを担当しつつ、全業務をスムーズに進める対応力」とのことでした。自分としては短時間勤務でも、できる限りの仕事を…という一心だったのですが、がんばりをきちんと評価してくれたのだと嬉しくなりました。
責任が増えましたが、その分、家事も仕事も段取りを意識してがんばっています。主任として、初めて人に仕事を教える立場になったことで、私自身も学ぶことや気づかされることが多くあります。職場でも育児でも、人を育てることは自分自身もまた成長していくことなのだと実感する毎日です。